日本の「漢方薬」をどのように世界一流

事実上、早く上世紀のろくじゅう年代、日本から法案を通過、規範プロセスは、厳格な管理などの手段完備中医薬の生産と普及、約じゅうご年で完成した漢方薬の調合剤の生産時間の規範化、標準化過程。

漢方医は日本で非常に流行し、「漢方医」、「漢方薬」と呼ばれている」。1967年に日本政府は健康保険法の改正は、59種類の漢方薬臨床応用の中で正式にかかって、これでは「漢方医学」は、民間の各大きい病院の病室に入ると、迅速な広がり。現在、日本健康保険に認められている漢方薬は217種に達している。

前世紀80年代、漢方医学は日本で急速に発展している。全国各地、東京の街頭では漢方医針灸とマッサージクリニックが見られるという。漢方医をもとにして、漢方材料の薬膳は更に日本の若い女性の愛顧を深く受けられて。現在、日本では約2万人が漢方医学を主とする作業に従事しているという。漢方研究学術組織や団体百近くの、その最大の影響を日本の東洋医学会会員のいち万人。

長年日本で行うによると医学研究の仕事のの日本順天堂大学医学部教授汪先恩紹介日本漢方薬を非常に重視し、企業の生産高品質の漢方製剤をし、品質を高める漢方薬が開発戦略の重要な柱。日本漢方薬業協会の要求によって各生産企業生薬微生物限度実験法充実と強化試験体制を防ぐために、漢方や生薬製剤の微生物汚染。

漢方薬の品質を確保するために、日本药企原料から漢方生薬からまで、最終的に形成剤も厳しい品質管理。日本漢方製剤の生産機械化、連動、自動化及び先進的な技術と科学的な管理体係を日本漢方製剤生産世界一流レベルに達する。

日本漢方薬の基礎研究が、細かい毎ロット品質標準化することで、関連産業もより高度。薬材種選び、育苗実行し始めから全行程の品質追跡、生産技術先進的、品質基準が高く、簡単に位置づけ、外観は精巧で美しくて、しかも服用量が少ない。

from : 漢方薬の効果と特徴取扱ブログ