日本の漢方薬は何か

日本漢方薬は基本的に配合固定の粉薬あるいは煎じ薬。例えば、桂枝茯苓含有桂枝茯苓よんしよグラム、よんしよグラム、牡丹皮よんしよグラム、桃仁よんしよグラム、芍薬よんしよグラム、経に抽出で習に粉薬や錠剤精製。メーカーが勝手に変更、許さない、鶏冠石などの鉱物質を含むカルミン。

実は日本の漢方薬は現在基本的に民間の領域で、応用上に非常に有限である。日本漢方薬製薬会社が開発した健康食品と漢方薬を下回る局方薬濃度処方薬の濃度データには、副作用の懸念から毒。

しかし漢方医は固定の線量をするのは彼らの弁証法的薬を撒く、薬の効果に影響を与える。

ただ、医者に一般用望闻问切の主観感受を判断するように正確な症状はどれだけ高いですか?

2012年、上海医薬大学で実験をして、じゅうろく位教授の職名の中で医師と患者に行っ望闻问切四诊判読。の結果は、臨床診断が極めて不一緻。例えば、彼らは患者の舌の色の感じがないように、きゅう、く人说舌質が薄紅色、他の人はその他のさまざまな説明。

from : 漢方薬の効果と特徴取扱ブログ