日本漢方医学の歴史

中国と日本は一衣帯水の隣邦で、とっくに親好があります。早期の日本と中国医学のコンタクトは、主に古代朝鮮によって進行します。それ以後に、我が国と日本の行き来はすぐ比較的頻繁です。
中国医学は日本後に漢方面医学あるいは東洋医学と呼ばれることに流入させています。ただ中国医学は日本の適確の時代に入って、今なおまだともに非常にはっきりしていません。公認した西暦5世紀にいるときでであることを比較して、朝鮮使者は中国医学で日本天皇の疾病を治癒させて、日本人に中国医学の価値に到達すると認識させて、しかもこの医学体系を受け取って、これによって日本の漢方医学の起源になります。
我が国明代の末の葉と清代、日本の江戸時期(西暦の1603~1876年)、日本の医学界は四季の2番目月景医学の波を研究をわき上がったときになって。学術上の昔から伝えられてきた処方を形成して派遣して、漢方面医学の主流になって、ともに後世方面の派と学術に論戦を生じて、漢方面医学に急速に発展することを獲得させて、日本伝統的医学が誕生して:漢方面医学は、あるいは東洋医学と称する。
清代に、中国医者は依然として絶えず日本医者開業あるいは伝授医学に到達します。1627の年後のように、唐ものは職に当たった馬光栄家の軒を通って日に入籍する。その子長寿アンペア、トモマツ、以北山道は著名を生やして、大阪開業に医者を開業して、学術は裕福に眺めて、謄を言うことが非常にあって、余してあり《北山カルテ》などの著作は10あまりは植える。
北山トモマツは“世にたぐいのないことのものはやっと、福建の医の伝を授けて、法外な法だけ善良です。を持っていることと褒め称えられますしたがって技を治めて新生面を開いて、触手は春のものを起こして妙です”。彼は象胥が得意に学んでかつ、儒教・仏道・道教を融通して3は教えて、ともに中から了解して、四季の2番目月景奥深い心を勉強して、師を返してマンの公をつけ深く《内は経る》を得ることから、《本草》は精通して含む。やがてまた謂皇朝の医の風はいけなくすらなくて、師であり小倉医係から、原の長い庵岡本は難しく高さの弟を治めて、すぐ大成するそれ業。
《北山カルテ》は北山トモマツ一生病気を治した部分的カルテを記録しました。本はそれぞれのカルテの記述に対して全面的で、脈は証明する全部詳は、そのうえ過程中を診療する治療の考えがどれだけあって、および到達した《内は経る》、《難しく経る》に及んで、《本草》などの著作で相関的に論じる。即ち経典での論述は辨証明論の治めた指導方針として、同時にまた治療効果で反証して来る経典の権威と正確さ性。両者は互いに補完して、互いに補完し合うことによって結果がいっそうよくなって、理論と実際は緊密に結びつけて、今の人にどのようにか病気を治すと教えます。
漢方面医学は、日本の1種の伝統的医学で、主に中国医学の学んだ基礎上に発展し来ます。漢方面の治療法は薬草を主として、ただ同様に伝統的中国医学を含めて手段を治療して、鍼灸、マッサージなどのように。
中国医学は約7世紀に至る9世紀の時はからまでで中国は伝わって日本は、江戸時代の時は、ヨーロッパ流入した“蘭方面医学”および日本当然ある“医学と”から互いに区別して、すでに漢方医の伝統的治療法から源を“漢方面医学”と呼ぶ。漢方面医学は《腸チフスの雑病論》によって、《腸チフス論》と《金の匱要略》は主な経典とする。
現代の日本が1967年から漢方面医学薬物を受け取って健康保険に入って使用し始めることを許可する薬物リストは、今に至って、148種の漢方薬剤を共有して承認を獲得します。

from : 漢方薬の効果と特徴取扱ブログ