漢方媚薬の由来と故事

漢方薬の中には、味の強い陽腎臓の漢方薬―――媚薬。聞くところによると、この名前のてと薬には1番は異常なことでしょうが!

記録によると、南北の時の有名な医学家山口元は湯は水より出でて水ならず、漢方薬は執着人。一日薬に向かう途中、突然聞いて1人の古い羊飼い人様にある種の成長は林の薮の中の怪草、叶青、状よう杏葉、1本の数の莖、ガンダム一、二尺。雄羊かじって食べやすいから、ペニス勃起、羊と交配回数も明らかに増えて、その上陽は備えて長時間堅調は萎縮。誰知ている無心、聞き手が。と思っ陶弘景:これがひたすらまだ発掘された腎臓を補って良薬。そこで、彼はひよこが親鳥に助言する、謙虚に羊飼いに教えて、また繰り返し検証を経て、やっぱりこと野草の強陽作用をかける。後にこの薬はマウント薬局方には、このことから「媚薬」。

媚薬多年生草本媚薬をメギ科、効果の媚薬通販や矢葉媚薬の葉や莖は日本各地で、郡。

医学は媚薬性味の甘辛、温、腎臓を補って、風を取り除く効果を除湿。

莖葉含まれる媚薬グリコシドと揮発油。確認、男性ホルモンの作用な媚薬が、その効果に強いオオヤモリや海馬。臨床によると、それによって精液分泌を促進、精嚢ザーメンだらけの後、逆に感覚神経を刺激することができて、それによって励起性欲によるペニス勃起。また、媚薬も血管運動中枢を抑えることができ、週囲の血管の拡張、血圧を下げて、そして、鎮咳、去痰、抗喘息、灰白髄炎ウイルス、白ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌なども著しく抑制効果。

媚薬臨床の上で主に治療生殖、骨の関節、呼吸係の疾病。媚薬配合でいくのは、当帰、ビャクジュツ、枸杞、トチュウ、仙茅、ハゲキテン、サンシュユ、蛇床子、ニラ、ニクジュウヨウ、制トリカブト、シナモンを「賛育成丹」が治インポテンツ、早漏。媚薬配合イレイセン、ソウジシ、センキュウ、関節の痛みを治療。媚薬は幾ら焼きスープ、うがい、治歯痛。取媚薬加低い茶スープに炒めて服用して、慢性気管支炎を治療することができて、鎮咳去痰作用比較明らか。取媚薬と黄耆、党参、トリカブト、サイシン麻黄など、炒めて煮ましと使って、治療することができて洞不全症候群と房室伝導立ち往生。

しかし注意しなければならないのは、口、手足の心の発熱、蒸し暑い、寝汗などの症状は、所属漢方医学貧血状態に火易动者は媚薬を服用するべきでありません。

from : 漢方薬の効果と特徴取扱ブログ