漢方薬石柱参の歴史

漢方薬石柱参、フルネーム石の柱参、野島山参経人工栽培選択的育成シミュレーションで、野生の条件は、土壌、気候の栽培技術要求が厳しくない極、施肥は、薬、生長に非常にゆっくりと出圃期間は15年。

普通は30グラムぐらいで、普通の園参は300グラムに達することができます。

漢方薬石柱参ある400年の歴史、独産は遼寧石の柱村山上だけでなく、野山参外形に酷似している、そして薬用価値も野山参近似。素人暗闇から牛さえ、玄人もよく見る見誤る。

聞くところによると明万暦年間、山東七翁遼東鴨緑江まで江畔の山に採掘り野山参、大量の生長のところに長年、品質のトップの野山参。彼らは制品の野山参持っていって、幼参与を参種で栽培し、ここに立ち石柱ににして探してマーク楡、後日。その後人々は絶えずここまで採参し、住み着く、次第で模索して独自の栽培方法と発展に一番近い野山参独自の人参の品種、これは石柱参、また石の石柱の参。今老楡幹と石柱は緊密に融合し、長い歴史の証人となる石柱参。

from : 漢方薬の効果と特徴取扱ブログ