西洋医学と漢方薬の実力

西洋医学(せいよういがく)は、欧米において発展した医学を指す用語である。明治初期から、欧米医学を指す言葉として用いられた。正式な医学用語ではなく、俗語であり、文脈によって意味が異なる。いま、「漢方薬の実力」があらためて見直されています。西洋医学では対処法に乏しく、困っている領域はもちろん、西洋医学と肩を並べる最先端の領域でも、漢方薬が使われており、著名な学術誌でも論文が数多く掲載されています。そんな世界の医学界でも認められた「漢方薬の実力」を分かりやすく解説します。

民間薬(薬草)とは

ゲンノショウコ、ドクダミのように1種類で、厳しい法則、難しい制限もあまりなく、手軽に使れている生薬類。民間薬は、病気にうまく適合すれば、非常な効果を発揮するが、あまり効果がない場合も多々、ある。(病人の個人差を考慮にいれずに自己流に服用している場合に多い)
漢方薬とは

生薬のいくつかの種類を、混ぜ合わせて使われ、混ぜる種類、分量、服用の時期や方法に法則や制限がある。漢方薬を構成しているのが生薬であり、生薬を単独で用いても漢方薬とはいえない。何種類かの生薬を決められた比率で決められた方法で煎じて飲んで、初めて漢方薬といえる。例えば、生薬の薏苡仁(ハトムギ)だけを煎じて飲んでも、これは、たんにハトムギ茶を飲んだということである。

生薬(しょうやく)

天然の産物である動植物や鉱物をあまり手を加えずに、蓄えておき、薬用として使用するもの。明治時代までは、生薬(きぐすり)とよばれた。現在、使われている生薬は、ほとんどが植物性のものである。

くすりとは
現在、一般的に使われている薬は、いわゆる西洋薬がほとんどである。漢方薬もそれなりの薬理作用もあり薬であることに間違いはなく、漢方薬でどんな病気でも治せるわけでもないが、それぞれの得意な分野を把握し、適材適所にうまく使い分けて使用するのが賢明である。

from : 漢方薬の効果と特徴取扱ブログ