鍼灸の養生作用

鍼灸は絡を経験することを疎通することができて、調和は衛、役に立つことの血気を営んで、陰陽、調和臓腑を調合して、これによって治療した予防、強い体、アンチエイジングと目的に達します。

(1) 生理痛の脈の行血気を温めます

《霊の枢の本は隠れる篇》は話して:“脈者を経過して、だからよい血気は、陰陽を営んで、溺れる筋骨は、関節者を利する。”血気運行の循は脈を経過して流行で、方面は全身を運ぶことを営むことができて、機体を養うことを濡らしてそれで、灸の法のそれ性温熱は、生理痛の絡を温めることができて、血液運行を促進します。ちょうど《白く向かうのように·線分に突っ込んで本当によこしまに論じて》話して:“脈中の血は、固まり止まることを残して、弗の火は調整して、弗はこれを取ることができます。”血気は運行して温則を遇することを持っていて散って、寒規範の固まった特徴を遇して、ヨモギの灸はすると温熱生理痛の脈によってよい血気。

(2) 生命力を補うことを土盛りして、疾病を予防します

灸の法は強壮の元陽、予防と治療疾病の役割があって、《扁カササギの心の本》は言って:“夫人ものは本当に元は、全身の主宰で、壮則の人の強に本当に怒って、本当に虚弱規範人病は、本当に怒って脱ぐことは死、命が保った法、ヨモギの灸第一。”ヨモギは辛温道の暑い薬として、火の助けたこれによって、両陽相はできあがって、陽精力増強、その豊かさ、人体頑健さを補うことができて、“正気は内を預けて、病気の要因はすることができません”は、したがってヨモギの灸が生命力を補うことを土盛りすることがあることを知って、疾病の役割を予防します。

(3) 健脾臓の益の胃は、明後日を補うことを土盛りします

灸の法は脾と胃に明らかな強壮の役割があって、《鍼灸は経を起こすことに資する》中に言って:“凡は飲食して思わなくて、腹心は膨張して、顔色の萎は黄色です、謂の脾臓腎臓病者、宜灸中の脘。”脘に当たって灸を施していて、脾臓の陽を運ぶことを温めることができて、中はますます気を補います。常に灸満足な3メートルは、消化器系機能に旺盛にすることができるばかりでなく、人体の正しい栄養物質の吸収を増やして、全身を養うことを濡らして、まだ防ぎ病治療に達することができる、アンチエイジングと長生きした効果。

(4) 陽気を引き上げることを上げて、密もとより膚表

《白く聞きますか?脈の篇を経験して》言って:“落とし穴下規範の灸のこれ”。虚弱は落ち込むことを下りて、毛皮は風邪を任命しなくて、陽を清算して挙がることに上がることを禁じて、従って衛陽はもとより、皮下と筋肉の間の空隙は柔らかくない。常に灸の法を施して、陽気、密を引き上げることを上げることによってもとより筋表、防御外はよこしまで、調和は衛を営んで、フィットネス、防ぎ病が病気を治す役割を果たします。

from : 漢方薬の効果と特徴取扱ブログ