日本漢方医学の歴史

中国と日本は一衣帯水の隣邦で、とっくに親好があります。早期の日本と中国医学のコンタクトは、主に古代朝鮮によって進行します。それ以後に、我が国と日本の行き来はすぐ比較的頻繁です。
中国医学は日本後に漢方面医学あるいは東洋医学と呼ばれることに流入させています。ただ中国医学は日本の適確の時代に入って、今なおまだともに非常にはっきりしていません。公認した西暦5世紀にいるときでであることを比較して、朝鮮使者は中国医学で日本天皇の疾病を治癒させて、日本人に中国医学の価値に到達すると認識させて、しかもこの医学体系を受け取って、[……]

続きを読む

漢方薬石柱参の歴史

漢方薬石柱参、フルネーム石の柱参、野島山参経人工栽培選択的育成シミュレーションで、野生の条件は、土壌、気候の栽培技術要求が厳しくない極、施肥は、薬、生長に非常にゆっくりと出圃期間は15年。

普通は30グラムぐらいで、普通の園参は300グラムに達することができます。

漢方薬石柱参ある400年の歴史、独産は遼寧石の柱村山上だけでなく、野山参外形に酷似している、そして薬用価値も野山参近似。素人暗闇から牛さえ、玄人もよく見る見誤る。

聞くところによると明万暦年間、山東七翁遼東鴨緑江まで江畔の山に採掘り野山[……]

続きを読む

日本の漢方薬は世界の一流

漢方医は日本で非常に流行し、「漢方医」、「漢方薬」と呼ばれている」。1967年に日本政府は健康保険法の改正は、59種類の漢方薬の効果臨床応用の中で正式にかかって、これでは「漢方医学」は、民間の各大きい病院の病室に入ると、迅速な広がり。現在、日本健康保険に認められている漢方薬は217種に達している。

前世紀80年代、漢方医学は日本で急速に発展している。全国各地、東京の街頭では漢方医針灸とマッサージクリニックが見られるという。漢方医をもとにして、漢方材料の薬膳は更に日本の若い女性の愛顧を深く受けられて。現在、日本[……]

続きを読む

漢方薬の飲み方と保存法

漢方治療では、その患者さんの状態にあわせて、心身のバランスを立て直し、病気を改善しようとする。 そのため、同じ病名でも、患者さんによって、異なる漢方薬が処方される場合もある。
つまり、病気に対してではなく、患者さんに対して投薬するのが、漢方の治療方針といえる。

煎じて飲む時

煎じて保存してあった漢方薬は、原則的には人肌くらいに温めて1日に三回位に分けて、空腹時に服用する。

エキス剤を飲む時

温服の場合には、白湯でのみ、冷服の場合には、水で飲む。

白湯でといて、煎液の状態にもどして飲む[……]

続きを読む

西洋医学と漢方薬の実力

西洋医学(せいよういがく)は、欧米において発展した医学を指す用語である。明治初期から、欧米医学を指す言葉として用いられた。正式な医学用語ではなく、俗語であり、文脈によって意味が異なる。いま、「漢方薬の実力」があらためて見直されています。西洋医学では対処法に乏しく、困っている領域はもちろん、西洋医学と肩を並べる最先端の領域でも、漢方薬が使われており、著名な学術誌でも論文が数多く掲載されています。そんな世界の医学界でも認められた「漢方薬の実力」を分かりやすく解説します。

民間薬(薬草)とは

ゲンノショウコ、[……]

続きを読む

日本の漢方薬は何か

日本漢方薬は基本的に配合固定の粉薬あるいは煎じ薬。例えば、桂枝茯苓含有桂枝茯苓よんしよグラム、よんしよグラム、牡丹皮よんしよグラム、桃仁よんしよグラム、芍薬よんしよグラム、経に抽出で習に粉薬や錠剤精製。メーカーが勝手に変更、許さない、鶏冠石などの鉱物質を含むカルミン。

実は日本の漢方薬は現在基本的に民間の領域で、応用上に非常に有限である。日本漢方薬製薬会社が開発した健康食品と漢方薬を下回る局方薬濃度処方薬の濃度データには、副作用の懸念から毒。

しかし漢方医は固定の線量をするのは彼らの弁証法的薬を撒く、薬[……]

続きを読む

日本の「漢方薬」をどのように世界一流

事実上、早く上世紀のろくじゅう年代、日本から法案を通過、規範プロセスは、厳格な管理などの手段完備中医薬の生産と普及、約じゅうご年で完成した漢方薬の調合剤の生産時間の規範化、標準化過程。

漢方医は日本で非常に流行し、「漢方医」、「漢方薬」と呼ばれている」。1967年に日本政府は健康保険法の改正は、59種類の漢方薬臨床応用の中で正式にかかって、これでは「漢方医学」は、民間の各大きい病院の病室に入ると、迅速な広がり。現在、日本健康保険に認められている漢方薬は217種に達している。

前世紀80年代、漢方医学は日[……]

続きを読む

漢方薬の効果特徴体験談

近年、漢方薬の効果、特徴について科学的な解明が進み、一般的な処方薬(西洋医学)では対処が難しい症状や疾患をお持ちの患者様に対して、さまざまな「生薬」を組み合わせてできる漢方薬が大きく注目されています。

漢方薬を実際に使用された方の体験談を掲載しています。処方医や医療者の目線ではなく、実際に体験した方の症状や使用感の目線です。

医学書や本を見ても、使用した方の実体験として実感できるような漢方薬の使用体験はなかなか見当たりません。医学の論文も、たとえ一人の患者さんに対して凄く効果的であった場合も、それを詳し[……]

続きを読む